自転車通勤 ロードバイク

ロードバイクで自転車通勤を始めるにあたって、ロードバイク本体以外で必要なのがリュックですね。
仕事用の着替えや、その他必要なものを入れなければいけません。

 

簡単にいうと、リュックは軽くてコンパクトなほうが走るときに邪魔にならずに軽快に走れるのですが、
一方で、必要な荷物が入るだけの容量のリュックでないとダメです。

 

軽さ、コンパクトさと容量。
楽しい自転車通勤には、この両者が両立したリュックを選ぶことが重要です。
言い換えると、必要な着替えや荷物を収納できる最低限度のサイズのリュックを見極めることです。

 

自転車通勤に使えそうなリュックは色んなメーカーから出ていますが、
いろんな口コミやインプレを調べてみると、ドイターとシマノのものが評判が良く、2強状態になっている(←言い過ぎ)ようです。

 

ドイターのリュックは、メッシュ部分が多く、通気性を最大限に考慮した構造になっています。
夏の自転車通勤では快適そうです。
あと、必要に応じてジッパーを開ければ容量が数リットル大きくなる機能が便利そうです。これはかなり心が惹かれます。

 

しかし、私の心をわしづかみにして離さなかったのが、シマノのリュックUシリーズです。
左右の脇に通すベルトを、胸の前でX字にまとめることができます。
こうすることで、ロードバイクのドロップハンドルを握るときに前に突き出す腕にベルトが当たりません。
ストレスなく、最高のフィット感でリュックを背負うことができそうです。

 

ただ、容量がちょっと小さめかもしれません。
U-14の名前のとおり、容量14Lです。

2020/05/10 17:09:10 |
みなさんこんにちは。自転車通勤野郎のトミーです。自転車通勤に限らず、サラリーマンの通勤時間の平均はどのくらいか知っていますか?ある調査によると、日本の平均通勤時間は片道40分程度だそうです。そこで今回は、40分にプラスアルファして、1時間。片道1時間の自転車通勤は「あり」か?ということで、このテーマについて気になる点をあれこれ書いていきたいと思います。1時間の自転車通勤の消費カロリーやダイエット効果は?国立健康・栄養研究所「METs表」これを元に、1時間の自転車通勤の消費カロリーを計算してみましょう。軽めの自転車通勤の運動強度は4.0METsで、体重60kgの人の1時間の消費カロリーは次のとお...
2020/05/09 19:51:09 |
こんにちは。自転車通勤野郎のトミーです。新型コロナで満員電車を避けるために、一部では自転車通勤の増加の兆しが見られているそうですね。リモートワークのように自転車通勤もじわじわ広がっていくのでしょうか?さて、今回は自転車通勤とイヤホンの話です。トミーは自転車乗りながら音楽は聴きませんが、中にはイヤホンを着けて音楽を聴く人もいると思います。ですが、実は自転車の大敵の一つがイヤホン。イヤホンはある意味、耳栓。自転車乗りの聴覚を半減させてしまいます。自転車通勤の交通安全のために、聴覚はとっても大事です。視覚で見ている以外の情報を伝えてくれますから。例えば、後ろから近づく車のエンジン音とか・・・というこ...
2019/07/26 00:22:26 |
夏休みに入り、ロードバイクで走っていてもヘルメット内への虫のダイビングが気になる季節になりましたね・・・ロードバイクのヘルメットは空気穴だらけですから、結構虫が飛び込んできます。そして、飛び込んできた虫が穴から出ずに、ヘルメットの中をモゾモゾと動き回るんですよね。あれって超気持ち悪くないですか?髪の表面を動いているならまだしも、髪を分け入って頭皮を動き回る感触といったら・・・ガク((( ;゚Д゚)))ブル半狂乱になって(大げさ)大急ぎでヘルメットを外して虫を除去したくなります!とりあえず、あの気持ち悪さを味わいたくないので、ロードバイクのヘルメットの虫対策について調べてみました。まずは、ヘ...
2019/06/06 00:34:06 |
もう6月ですね。夏になり、自転車通勤で自宅を出発する6:50AMには完全に外は明るくなっていますね。もう半袖で十分いける気温です。夏になったらなったで、気になるのが日焼け対策。女性でなくても男性の自転車通勤でも、紫外線は気になりますよね。自転車通勤であまり真っ黒に日焼けして、なんか「仕事してるのか?遊んでるのか?」なんて変に目を付けられるのは困るんで・・・(笑)ということで、私が日焼け対策で夏の自転車通勤に愛用しているのがアームカバー。UV対策のアームカバーです。こんなやつですね。↓長袖のサイクルウェアではなく、半袖+アームカバーのコンビです。日焼けのことだけ考えると、長袖でもいいんじゃないか...
2019/03/29 00:45:29 |
ロードバイクで自転車通勤する場合、冬の寒さ対策が必要なのは言うまでもありません。が、特に身体の末端の防寒は重要です。体幹部分は身体を動かすとともに体熱を発して温かくなりますが、手や足は温まりません。できるのは、冷気をシャットアウトして、できるだけ熱が奪われないようにするのみです。手袋については、誰しもすぐに気づき、防寒性のあるものを準備すると思いますが、自転車通勤を始めた人にとって盲点なのが足のシューズカバーです。
2019/02/25 00:55:25 |
10分程度ならともかく、それなりの所要時間の自転車通勤をする場合は、サングラスと言いますか、ゴーグルが必須です。理由としては次のようなことがあります。紫外線からの目の保護(肌に直接あたる紫外線よりも、眼に入る紫外線のほうが日焼けを促進するそうです)虫やごみなどからの目の保護自転車通勤のサングラスの選びかたなのですが、夏を除き、大抵の人は帰りは夜になっているので、普通日中に使うような色やスモーク付きのサングラスが使えません。ということで、次の3つの選択肢の中から選ぶことになります。日没後は裸眼で自転車に乗る調光レンズのサングラスを使う夜用のサングラスを用意する私はとにかく1番は選択しません。自転...
2019/02/21 01:16:21 |
自転車通勤に欠かせないのがリュック。仕事の道具は全部職場に置きっぱなしという人でも、最低限着替えだけは持っていかなければいけません。シンプルな事実として、「荷物をコンパクトに軽くすればするほど自転車通勤は快適になる」ということがあります。職場に持っていく荷物をギリギリまで削り、ミニマムなサイズのリュックにすると、自転車通勤は楽しくなりますよ。ですが、いざリュックを購入するとなると、荷物が入りきらないか心配なので、「大は小を兼ねる」ということで大き目のリュックを選んでしまいがちです。その気持ちは非常に良く分かります・・・ということで、私が実際に自転車通勤に使っている14Lのリュック(シマノU-1...
2019/01/30 00:13:30 |
こんにちは。トミーです。結構長めの自転車通勤をしていたら、冬場でも汗をかきますね。私の場合は職場に着く直前が上り坂なのでなおさらです。自転車通勤を始めて、真面目に対策を考えなければならなかったのが汗の処理。40代なので加齢臭も気になります(汗)汗臭いのだけは避けなければなりません。会社にシャワーがあればベストなんですけどね。でも残念ながら、私の職場にはシャワーがありません・・・とはいえ、オフィスに到着前にはバッチリ汗の処理もして、身だしなみを整えて爽やかに(?)出社していますよ!汗臭いというクレームも来ていません(笑)このページの見ている自転車通勤サラリーマンの皆さんも、大半は会社にシャワーな...