自転車通勤 ロードバイク

ロードバイクで自転車通勤を始めるにあたって、ロードバイク本体以外で必要なのがリュックですね。
仕事用の着替えや、その他必要なものを入れなければいけません。

 

簡単にいうと、リュックは軽くてコンパクトなほうが走るときに邪魔にならずに軽快に走れるのですが、
一方で、必要な荷物が入るだけの容量のリュックでないとダメです。

 

軽さ、コンパクトさと容量。
楽しい自転車通勤には、この両者が両立したリュックを選ぶことが重要です。
言い換えると、必要な着替えや荷物を収納できる最低限度のサイズのリュックを見極めることです。

 

自転車通勤に使えそうなリュックは色んなメーカーから出ていますが、
いろんな口コミやインプレを調べてみると、ドイターとシマノのものが評判が良く、2強状態になっているようです。

 

ドイターのリュックは、メッシュ部分が多く、通気性を最大限に考慮した構造になっています。
夏の自転車通勤では快適そうです。
あと、必要に応じてジッパーを開ければ容量が数リットル大きくなる機能が便利そうです。これはかなり心が惹かれます。

 

しかし、私の心をわしづかみにして離さなかったのが、シマノのリュックUシリーズです。
左右の脇に通すベルトを、胸の前でX字にまとめることができます。
こうすることで、ロードバイクのドロップハンドルを握るときに前に突き出す腕にベルトが当たりません。
ストレスなく、最高のフィット感でリュックを背負うことができそうです。

 

ただ、容量がちょっと小さめかもしれません。
U-13の名前のとおり、容量13Lです。

2019/02/21 01:16:21 |
自転車通勤に欠かせないのがリュック。仕事の道具は全部職場に置きっぱなしという人でも、最低限着替えだけは持っていかなければいけません。シンプルな事実として、「荷物をコンパクトに軽くすればするほど自転車通勤は快適になる」ということがあります。職場に持っていく荷物をギリギリまで削り、ミニマムなサイズのリュックにすると、自転車通勤は楽しくなりますよ。ですが、いざリュックを購入するとなると、荷物が入りきらないか心配なので、「大は小を兼ねる」ということで大き目のリュックを選んでしまいがちです。その気持ちは非常に良く分かります・・・ということで、私が実際に自転車通勤に使っている14Lのリュック(シマノU-1...
2019/01/30 00:13:30 |
こんにちは。トミーです。結構長めの自転車通勤をしていたら、冬場でも汗をかきますね。私の場合は職場に着く直前が上り坂なのでなおさらです。自転車通勤を始めて、真面目に対策を考えなければならなかったのが汗の処理。40代なので加齢臭も気になります(汗)汗臭いのだけは避けなければなりません。会社にシャワーがあればベストなんですけどね。でも残念ながら、私の職場にはシャワーがありません・・・とはいえ、オフィスに到着前にはバッチリ汗の処理もして、身だしなみを整えて爽やかに(?)出社していますよ!汗臭いというクレームも来ていません(笑)このページの見ている自転車通勤サラリーマンの皆さんも、大半は会社にシャワーな...