自転車通勤 シャワーなし 汗の処理

シャワーがなければこうする!汗臭いと言われない自転車通勤

こんにちは。トミーです。

 

結構長めの自転車通勤をしていたら、冬場でも汗をかきますね。
私の場合は職場に着く直前が上り坂なのでなおさらです。

 

自転車通勤を始めて、真面目に対策を考えなければならなかったのが汗の処理。
40代なので加齢臭も気になります(汗)
汗臭いのだけは避けなければなりません。

 

会社にシャワーがあればベストなんですけどね。
でも残念ながら、私の職場にはシャワーがありません・・・

 

とはいえ、オフィスに到着前にはバッチリ汗の処理もして、身だしなみを整えて爽やかに(?)出社していますよ!
汗臭いというクレームも来ていません(笑)

 

このページの見ている自転車通勤サラリーマンの皆さんも、大半は会社にシャワーなんかないと思います。
そんな状態でどうやって汗の処理をするのか?
私の方法を紹介しますので、参考にしてみてください。

自転車通勤 シャワーなしの汗対策―私の方法

一言でいうと、「多目的トイレで汗の処理&着替えをする」ということです。
多目的トイレなら、水道がありますし、個室なので着替えも可能です。

 

(ウチの会社は個人ロッカーはあるのですが、男女で分かれていませんし、着替えられるようにはなっていません・・・)

 

もっとも、10分程度占領することになってしまいますが・・・
ただ、多くの人が出勤する前に着替えてしまいますし、多目的トイレを使う人もいないので、実際上は特に問題ありません。

 

汗の処理は100均で購入したマイクロファイバーのタオルを使います。
まずは水で濡らして全身を拭いて汗を除去します。
再びタオルを水で濡らして拭くことを数回繰り返します。

 

それから、同じタオルを固く絞り、カラカラにした状態で全身の湿気を拭きます。
最後に、制汗デオドラントを付けて仕上げます。

 

制汗デオドラントは殺菌効果の高い銀イオン配合のものがおすすめです。
ちなみに、私は下のものを使っています。
手のひらサイズでコンパクトです。
自転車通勤に使いやすいと思います。
あと、私は香料のあるのはきらいなのですが、これは無香料なのでgoodです!

エージーデオ24 メンズデオドラントロールオン 無香性 60mL (医薬部外品)

 

スプレー式のものは、結構大きなサイズの缶だったりするので、あまりお勧めしません。
私も一つ買いましたが、「ちょっとこれは大きすぎるな〜」と思ったので、使うことをやめました。
災害対策用備蓄グッズに転用しました(笑)

 

ちょっと話はそれましたが、身体に続いて頭の汗対策です。
ヘルメットの型もついているので、頭髪を水道で水洗いして汗を流します。
絞ったマイクロファイバータオルで拭けば、ほとんどドライヤー不要くらいにまで乾きます。
最後に、携帯用の小さなパッケージのヘアワックスで仕上げます。
サイズの小さい旅行用グッズは、自転車通勤にも便利ですね。

 

もちろん、着替えは通勤時には着ていない、きれいな下着に着替えます。

 

着ていた自転車のウェアは巾着袋に入れて、ロッカーに入れておきます。
巾着袋は普通のものではありません。
消臭&除菌効果のある袋です。

[ソロ・ツーリスト] Solo-Tourist ケアフリーポーチL CFP-L BE (ベージュ)


これ、確かに汗のにおいが抑えられているように感じます。
値段も安いし、結構おすすめです!

 

あと、ロッカーの中には置くタイプのファブリーズを常駐させています。
これでダブルでウェアのニオイをブロックです!

 

室内ロッカーで保管していれば、冬でも仕事後にはウェアも乾いています。
朝の通勤でかいた汗の臭いも気にならないレベルなので、帰りも同じウェアを着ます。
帰り用のウェアを用意する必要もないので、荷物を縮小化できますね!

 

ということで、シャワーが使えない時の自転車通勤の汗処理についてまとめますと、

  • マイクロファイバータオルを濡らして汗を拭く→固く絞って水分を拭く
  • 制汗デオドラントで除菌&消臭
  • コンパクトな身だしなみグッズを使う
  • 使ったウェアは消臭効果のある巾着袋に片づける→帰りも同じウェアで荷物の縮小化

以上です。

 

一人ひとりで通勤事情や会社の設備なんかも違うと思います。
例えば更衣室は有るけど水道はなく、また多目的トイレはないという方もいるでしょう。
そんな場合は、更衣室で着替え、汗拭きは使い捨てのビオレのパウダーシートや水の要らないシャンプーを使うなど、各人でアレンジしてみてくださいね。
皆さんの自転車通勤の参考になりましたら幸いです!