自転車通勤 サングラス

自転車通勤におすすめ!安くて夜も見やすいサングラス(ゴーグル)

10分程度ならともかく、それなりの所要時間の自転車通勤をする場合は、サングラスと言いますか、ゴーグルが必須です。
理由としては次のようなことがあります。

  • 紫外線からの目の保護(肌に直接あたる紫外線よりも、眼に入る紫外線のほうが日焼けを促進するそうです)
  • 虫やごみなどからの目の保護

自転車通勤のサングラスの選びかたなのですが、夏を除き、大抵の人は帰りは夜になっているので、普通日中に使うような色やスモーク付きのサングラスが使えません。
ということで、次の3つの選択肢の中から選ぶことになります。

  1. 日没後は裸眼で自転車に乗る
  2. 調光レンズのサングラスを使う
  3. 夜用のサングラスを用意する

私はとにかく1番は選択しません。
自転車通勤も距離が長くなると、結構ゴミや虫が眼に飛び込んできます。
私は目が細いほうですが、それでも結構飛び込んできます。
それに、特に冬は裸眼で走ると冷たい風が眼を刺激して涙目になって視界が遮られてしまいます。

 

調光レンズですが、結構高価ですよね。
あと、数年間使うと調光機能がなくなって寿命が来るようです。
長い目で見ればそれほど高い買い物ではないかもしれませんが・・・
貧乏サラリーマンにはそれでもちと厳しい(泣)

 

ということで、夜間用のサングラスを購入することにしました。
夜間用はイエローレンズとクリアレンズがあります。

 

ただ、イエローレンズは車にヘッドライトのぎらつきを弱める効果があるそうですが、透過光率はそんなに高くないです。
私の場合、基本的に幹線道路を通らないルートで自転車通勤します。
なので、「暗いところでも裸眼なみによく見える」という点を重視し、とにかく透過光率の高いクリアレンズのサングラス(クリアレンズを「サングラス」と呼ぶのも変ですが)にしました。